築60年。 賃貸リノベーション

昭和30年代の店舗兼住居のリノベーションがいよいよ完成!
築60年を超え、庄原市の本町という中心部にありながらほぼメンテナンスを加えられていなかった賃貸物件。

古い通りとはいえ郵便局や銀行等の主要機関が存在する通りの入口でもあるためか、お隣の美容室【クラシックライン】さんを店舗改装させて頂いた際もご町内の方々から「隣もオシャレになると庄原本町のイメージも変わるよね~。
アンタぁ~ついでにどうにかしんさい!!」などなどお言葉を頂いておりました(^^;

そんなある日、意が通じたのか物件のオーナー様よりまさかのご連絡!!
借主さんが返却してくれたのでなんとかしてぇー!
いざ調査へ!と張り切ったのもつかの間・・・。↓


長年、パラペット(壁の一番高い天端部)の板金笠木(壁のてっぺんにあるカバー)が無かったため壁の中の木材?であったであろう構造材はガーデニングにもってこいのような肥料に・・・。


柱は本来、縦に使うものと思われますが和室の畳下に水平に配置!?
おまけに堀こたつを埋め込むのに邪魔になったのでしょうか途中でぶった切ってあります( ノД`)

シロアリくんたちが楽しくおいしくご馳走になった土台と柱は計6本。指で触ると砂でした( ゚Д゚)

よくもまーこんな状態で存在していたと思える状態に同行した職人も「これは下手に手を付けると大赤字に・・・無言」
でもこれが庄原本町のシンボルになって、素敵なカフェなったりすると庄原の街並み再生の起爆剤になってウチも宣伝になるし!と、いいことだけを考えるようにしながらオーナー様に、「賃貸リノベの実績にもなるし、予算内に抑えるように努力するから好きにしていい?」根っからの楽天家の奥様から「あんたに賭けるわ!」と、プレッシャーを含めたお言葉にビビりながらも解体工事が始まりました(^^;

途中経過をご説明するとと大変長いので完成画像をご覧ください↓






空からやって来ない限りは裸で日光浴しても外部から見られることのないバルコニーはバーベキューやら小さなプールでも置いて日光浴やら好きに出来ます☼

洗面室は海外のホテルの様につくると旅行に来てるみたいで朝晩楽しいです(^^♪
(ちなみにユニットバスは一般住居と同じく1.6m×1.6mサイズ)

と、決して広い空間ではありませんがいつも新築であろうが1部屋リノベであろうが心がけているのは【どこをどの位置から見ても画になる事】そうすると固定概念を無くした楽しい空間が出来あがると確信しております!

住居部分は早々と施工中からご入居者が契約されましたがメインの店舗部分はテナント募集中!!(ご検討中の方はおられます。)

昔の木造の小学校を思わせるユラユラと波打って見える本物のレトロガラスやギシギシと音の鳴る使い込んだ色つやの床板!
今ではあえて歪ませたレトロガラスやダメージ痕を付けたアンティーク調の床をつくられてるほどの人気者です!

内装は下地状態ですのでオーナー様の個性を思いっきり実現できます!
冒頭の通りこの物件は県道沿いの金融機関等のある交差点。
嫌でも4方向から目に入るうえ、賃貸駐車場や主要機関のある通りで市外の往来もある可能性大!!

資金計画等、開業には大変勇気も必要ですし出来ない理由を並べるときりがありませんが、インターネットやSNSも溢れるこの時代だからこそ、地域のみならずインバウンド含め新たな可能性が生まれるのではないでしょうか(^_-)-☆