築86年の古民家を趣味の詰まった空間にリノベーション!!(尾道市向島町)

「古民家再生」というと、天井を剥がして梁をむき出しにして真っ黒に塗って…。
それはそれで素敵だけど、受け継がれた方の趣味趣向が違うものだったら古民家再生には至らず建て替えなければならないのか?
という疑問を覆すリノベーションが尾道市向島町に誕生しました!!

(施工前)

(施工後)
[和]の外観フォルムを保ちつつ、耐震を考慮して軽量化したガルバリウムの一文字葺屋根と聚楽壁の【黒】。
そしてオーナー様の趣味であるヴィンテージハーレーや1940年代のFORDウッディワゴンが収まるガレージスペースとの境に
はモルタル鏝仕上の壁を建てる事で[歴史ある和]と[アメリカンヴィンテージ]という、一見違うように見えて古き良きものの
共通点を主張しました。

お施主様の数々のこだわりアイテムやセンスはもちろん、施工を担当して頂いた向島町の【吉原建設】様のお陰で今回も素敵なお家づくりが出来たことに心から感謝いたします!
そしてこれからも和洋関わらずお施主様のイメージを形にするIKI STYLEなお家づくりを大切にしていきたいと思います。